プロテインダイエットのやり方とメリット|効果的なプロテインダイエットのステップガイド

プロテイン

プロテインダイエットは、健康的な体重管理スリムな身体づくりを目指す人々に人気のある方法です。

プロテインを活用することで、満腹感を得ながら必要な栄養素を摂取、カロリー制限を行うことができます。
しかし、正しいやり方を知らないと効果が出にくい場合もあります。

本記事では、プロテインダイエットのやり方とメリットについて詳しく解説しますので、効果的なダイエットを実践したい方はぜひ参考にしてください。

1. プロテインダイエットとは

プロテインダイエットは、主にプロテインを摂取することで体重管理体脂肪の減少を目指すダイエット方法です。
一般的に、食事の一部または全部をプロテインに置き換えることが行われます。
これにより、低カロリーかつ高タンパクな食事を摂取しながら、筋肉を維持しやすくなります。

2. プロテインダイエットのやり方

2.1 プロテイン摂取量の計算

自身の目標や身体活動レベルに合わせて、日々のプロテイン摂取量を計算しましょう。
1日の目安として、男性は65g女性は50gです。

普段の食事では目安量に達することは難しい人が多いので、1日1杯のプロテインを意識しましょう。

2.2 食事の置き換え方法

朝食や昼食、間食など、どの食事をプロテインに置き換えるか計画しましょう。

オススメは昼食をプロテイン一杯に置き換えることです。
なぜなら朝方はそもそも体内の栄養が枯渇している状態なので、プロテイン一杯だけでは栄養が足りない恐れがあるからです。

いつもの昼食をプロテイン一杯に抑えて、摂取カロリーを減らしましょう!

2.3 プロテインの種類と選び方

ホエイプロテインやソイプロテインなど、自身の目的や好みに合ったプロテインを選びましょう。

オススメはカゼインプロテインソイプロテインといった吸収がゆっくりなプロテインです。
なぜなら、吸収がゆっくりな分腹持ちがよく、お腹がすくことによるストレスを回避することができるからです。

3. プロテインダイエットのメリット

3.1 筋肉の維持と増加

プロテインは筋肉の合成をサポートし、筋肉量の減少を防ぐ効果があります。
筋肉量が多いと基礎代謝(なにもしなくても消費するカロリー量)も多くなるので、筋肉量を維持することは大切です。

3.2 食欲抑制効果

プロテインは満腹感をもたらし、食事の間食や過剰摂取を抑えることができます。
腹持ちのいいプロテインを選んだり、豆乳と混ぜるとより食用が抑制されます。

3.3 代謝の向上

高タンパクな食事により、基礎代謝が増加し脂肪燃焼が促進されます。

3.4 栄養バランスの改善

プロテインは豊富な栄養素を含み、バランスの取れた食事を実現するのに役立ちます。
プロテインの中にはビタミンスーパーフードが入った商品もあるので、幅広く栄養を取りたい方は
より女性向けの商品を選ぶといいかもしれませんね。

4.プロテインダイエットのサンプルメニュー

4.1 朝食のプロテインレシピ:朝食は一日のエネルギー補給のスタートです。

  • プロテインスムージー:フルーツや野菜と一緒にブレンドしたプロテインスムージーは、栄養豊富で飲みやすい朝食オプションです。例えば、バナナ、スピンチ、アーモンドミルク、ホエイプロテインをブレンドして、栄養たっぷりのスムージーを作りましょう。
  • プロテイン入りオートミール:オートミールは健康的な朝食として人気ですが、プロテインを加えることでさらに栄養価を高めることができます。オートミールにホエイプロテインを混ぜて、トッピングに果物やナッツを加えると、ボリューム感もあり、満足感のある朝食になります。

4.2 昼食のプロテインレシピ:昼食は忙しい時間帯であり、栄養バランスを考えた食事を摂ることが重要です。

  • プロテインサラダ:サラダにホエイプロテインを加えることで、タンパク質の摂取量を増やすことができます。例えば、グリルドチキンやエビ、野菜、ホエイプロテインをトッピングしたサラダは、栄養豊富で満足感のある昼食になります。
  • プロテイン入りサンドイッチ:サンドイッチにホエイプロテインを組み合わせることで、ヘルシーで栄養バランスの取れた昼食を作ることができます。例えば、全粒粉パンにターキーブレスト、チーズ、野菜、ホエイプロテインを挟んだサンドイッチは、ボリュームがあり飽きずに食べられます。

4.3 夕食のプロテインレシピ:夕食は一日の締めくくりとして、栄養バランスを考えた食事を摂ることが重要です。

  • ホエイプロテイン入りチキンソテー:鶏胸肉をホエイプロテインと一緒にソテーすると、タンパク質を豊富に摂ることができます。野菜やスパイスと組み合わせて、ヘルシーで美味しいチキンソテーを作りましょう。
  • ソイプロテイン入り豆腐料理:大豆ベースのソイプロテインを使った豆腐料理は、ヴィーガンやベジタリアンの方にもおすすめです。豆腐をソイプロテインと組み合わせて炒めたり、スムージーに加えたりすることで、栄養バランスの取れた夕食を楽しむことができます。

5.置き換えダイエットにオススメなプロテイン

ソイプロテイン(MADPROTEIN)

ブルーベリーチーズケーキやほうじ茶といった多様な味が選べるMADPROTEIN ソイプロテインは飲みやすいことで有名なプロテインブランドです。

特に黒蜜きなこ味は他のブランドには見られない味であり、ソイプロテインの大豆感とマッチした大変飲みやすいプロテインです。

SHAQUEEN(女性用プロテイン)

SHAQUEENは同じくMADPROTEINが出す女性用のプロテインです。

女性用といわれるだけに、飲む紫外線対策の成分が入っていたり、美容成分として有名なNMNが入っていたりとプロテインの常識を超えた商品になっています。

特にほうじ茶はプロテインの中でも上位で飲みやすい味になっており、女性の方が普段のみなれているほうじ茶と遜色ない味わいです。

6.まとめ

プロテインダイエットは、健康的な体重管理体脂肪の減少に効果的な方法です。
適切なプロテイン摂取量とバランスの取れた食事を心掛けることで、理想のボディシェイプを実現できます。

プロテインダイエットのやり方やメリットについて理解し、自身の目標に合わせた計画を立てましょう!

プロテインを手軽に試したい方は「ラクプロ プロテインのサブスク」がおすすめ

自分に合うプロテインを見つかる!

ラクプロ プロテインのサブスクは、

1パック7食分で届くから余る心配なし
最大3パックまで頼めるから、たくさん飲みたい人でも簡単!
月々1,980円〜全15種類のラインナップから選べる
違う味のプロテインが毎月飲めるから、飽きずに続けられる
自宅に届くから重い荷物を持つ必要なし!

という理想のスタイルを目指す方にピッタリのサブスクリプションサービスです。

先ほど紹介したMADPROTEINの商品からお選びいただけます。

プロテイン選びに失敗したくない人は「ラクプロ プロテインのサブスク」がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました